コラム

戸建てを探すなら新築?中古?戸建てを探す方法とは

戸建てを探す際には新築戸建てと中古戸建てをチェックされる方も多いと思います。
ここでは新築戸建てと中古戸建ての違いや探し方を見ていきます。

 

一戸建てを探すには新築と中古どちらが良いか

戸建てを探す際にはやはり少しでも良い物件を購
入したいというのが希望です。
一般的には「新築戸建ての方が良いのでは」と思われがちですが、何を優先するかによって中古戸建ての方が良いケースがあります。
それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

新築戸建てのメリット

・不動産の最初のオーナーになれる
・すべてが新設された設備できれいな状態で使用出来る
・設備などの修繕・リフォームの必要がない
・外壁などの修繕を考えなくてよい
・中古に比べて税金の優遇がある

新築戸建てのデメリット

・建築コスト、販売広告宣伝費、人件費、事業利益などが上乗せになる為、価格が高くなる
・人気物件は完成前に売れてしまうこともあり、検討が出来ないこともある
・完成前に購入した場合、実物を見て判断が出来ない
・建築出来る土地が限られるため、希望の立地が選びにくい

中古戸建てのメリット

・価格が新築戸建てに比べて安い傾向がある
・希望の立地で購入出来る可能性がある
・完成済みの物件なので内覧して決めることが出来る
・リフォームが住んでいる物件が売りに出されることがある

中古建てのデメリット

・設備、建物が古い場合、修繕費・リフォーム費用がかかる
・築年数によっては住宅ローン控除が受けられないまたは証明書が必要となる
・築年数によっては住宅ローンが組みにくい

それぞれのメリット、デメリットを見てきましたが、探す方が【何を優先するか】によってその物件の価値が変わってきます。
例えば立地や環境が限定されている場合、なかなか新築では物件が出てこないケースが高くなりますが、中古戸建ての場合は出てくる可能性があります。
駅から近い物件は以前からの開発となる為、古い物件が多くなります。その分立地が良い物件もあります。
最近では駅から近い物件も古くなってきており、建て替えをされるケースもありますが、駅から近く、新しい物件というのは資産価値、ニーズも高くどうしても割高となります。
中古戸建ての場合は経費・利益や建物の価格が抑えらるので割安に購入出来ることがあります。
このように優先する希望条件によって選ぶ物件も変わってくるので、まずはご自身で優先する条件は何になるかを決めるようにしましょう。

 

一戸建てを探す方法

一戸建てを探そうとした場合、どのように探すのがよいのでしょうか。
いくつか方法があるのでご紹介いたします。

・不動産ポータルサイトで探す
不動産のポータルサイトでは数多くの物件があり、予算、広さ、間取などで検索することができ、多方面の情報を集めることが出来ます。
その為、住みたい地域の大体の相場観を掴むことが出来ます。
利用しやすい反面、条件を絞り切れなくなったり販売が終了している物件の情報が載っていることもあるので注意が必要です。

・不動産会社に来店する
不動産会社へ行って相談することにより、希望している条件の物件を探してもらえたり、ネット上に掲載されていない情報をもらうことが出来ます。
また、ネット上では分からない条件や問題などもその場でクリアにすることが出来ます。

・チラシ、折込広告
物件が販売されるとその地域にポスティングのチラシや新聞の折込広告が入ることがあります。
大きな分譲の場合は大々的に広告をすることはありますが、1戸のみの中古戸建てなどの場合は大きな広告をかけることは多くはありません。
その為、ネット上で広告する前の物件などもあるのでチェックすると良いでしょう。

・ネットで希望条件を伝え不動産会社に探してもらう
希望条件を不動産会社に伝えるだけで物件を探してもらう方法もあります。
自分の希望する条件登録するだけで不動産会社より提案を受けることができ、質問などもすることが出来ます。
ポータルサイトではなかなか条件を絞り込めない、自分に合った物件が分からない方におすすめです。
また、不動産会社に来店するのは敷居が高い、自分に合う担当者について欲しい場合などにも事前にやりとりが出来る為、安心して相談が出来るようになります。

情報を集めるだけなく内覧もしてみる

気になる物件がある場合には現地の内覧をすることをおすすめします。
サイト上の写真や図面だけでは分からないこともあり、実際に内覧することで優先事項や条件が変更となる場合もあります。
また実際に見ないことには質感や部屋の広さ、中古戸建てでれば設備の状況や傷・不具合を確認することが出来ません。
周辺環境や陽当たりなども確認が出来ますので気になる物件は内覧するようにしましょう。

 

新築戸建てと中古戸建ての手数料の違い

一戸建てを購入した場合、様々な費用が掛かります。
主にかかる費用は以下のようなものです。

・印紙税
・不動産取得税
・登記費用(司法書士報酬含む)
・固定資産税、都市計画税の精算金
・融資印紙代
・融資事務手数料
・ローン保証料
・火災保険
・仲介手数料

上記以外では新築戸建てでは水道加入金などのライフラインにかかる諸費用、表示登記費用などが必要となります。
中古戸建てではリフォームを考えなければなりませんし、住宅の点検などを行いたい場合は別途費用が必要となります。

新築戸建てや中古住宅を購入する場合、購入価格の6%~9%程の費用がかかると言われています。
実際には仲介手数料の割引や仲介手数料の支払いが無いような物件もあるので気になる方は不動産会社に初期費用の見積もりを作成してもらうようにしましょう。

 

まとめ

新築・中古にかかわらず一戸建てを購入する際にはどちらが良いかということは一概には言い切れません。
優先事項を決めることにより条件が絞れ、自分にはどのような物件が合っているかということが分かってきます。
また、不明な点は不動産会社へ相談することでスムーズに家探し・物件探しを行うことが出来ます。
物件探し、住宅ローン、リフォームなどいろいろと悩んでしまうことがありますが、迷われた時には問題が解決したり選択肢が増えることもあるので不動産会社に相談してみましょう。