コラム

売却?賃貸?空き家の扱いはどうしたらいい?

空き家が生じる理由や原因は色々ありますが、その際オーナーがとる道は大きく二つしかありません。

売却するか、賃貸に出すかの二つの道のうち、どちらを選ぶべきか、大いに悩むことになるでしょう。

この回では売却と賃貸両方のメリットやデメリットを見ていきますので、あなたのケースではどちらが有利になりそうか、判断の参考にしていただければと思います。

 

■売却のメリット

 

①まとまった資金が手に入る

売却することでまとまった資金が手に入るので、借金の弁済や納税資金、あるいは事業資金など、自由な用途に売却金を活用することができます。

②物件管理から解放される

売却してしまえば、以後は物件の管理に手間を割く必要もありませんし、固定資産税など金銭的な負担からも解放されます。

 

■売却のデメリット

 

①将来の利活用ができなくなる

無理やり買い戻すことができれば別ですが、基本的には売ってしまえば二度と自分のもとに物件を取り戻すことはできません。

将来何かに利用しようと思っても、後戻りができなくなります。

②心理的な喪失感がある

長年両親と一緒に住んだ実家や、配偶者との思い出のあるマイホームなどは、売却することによって喪失感を覚えることになるでしょう。

 

■賃貸のメリット

 

①家賃収入を得られる

賃貸に出して借り手が付けば、安定した家賃収入を得ることができます。

定期的に得られるインカムゲインは、生活の質を安定、向上させ、より豊かな人生をおくる後押しをしてくれます。

 

②将来的に利活用が可能

所有権を手放す必要がないので、将来はまた自分が考える用途で利活用できる道が残ります。

 

③経験を積める

賃貸経営はなかなか経験できることではありません。

空き家を活用し、賃貸に出してみて経験を積めるというのもメリットになるでしょう。

 

■賃貸のデメリット

 

①空室リスクがある

生活をかけて事業的に賃貸業を行う場合、借り手が付かず予定した家賃収入が得られないと生活に支障がでてきます。

生活の糧として本格的に行う場合は、借り手が付かない場合のリスクについて真剣に考えなければならないでしょう。

偶然生じた空き家の活用を考える程度で、ほかに収入の柱があるのならばさほど問題になりません。

 

②管理の手間や費用

賃貸の場合は、入居者管理にかかる手間と、物件管理にかかかる手間および費用の問題が生じます。

入居者が気持ちよく住める環境を提供する義務が生じることから、オーナーはそのための管理を行わなければなりません。

もし、転勤などの事情で今住んでいるマイホームから離れてしまうことになると物件の管理ができませんが、そのような場合でも対応できるサービスが最近人気を呼んでいます。

 

■売却・賃貸両方のデメリットをカバーするサービスがある

 

例えば転勤などで一時的にマイホームが空き家になるようなケースでは、売却してしまうと転勤から戻ってきた時に自宅として利用できません。

賃貸を検討するにしても、転勤で遠方にいますから自分で物件や入居者の管理ができないのが壁になります。

このようなケースで人気を呼んでいるのが「リロケーション」というサービスです。

転勤等で一時的に空くマイホームを貸し出し、転勤等から戻ったら確実にまたオーナーが自宅として住めるように「定期借家契約」による借り手探しを手伝ってくれる不動産業者がいるので、自分で物件や入居者の管理ができなくても問題ありません。

空き家にしておいても税金がかかりますから、そのままでは財布からお金を奪っていくマイナスの財産です。

家賃収入の源になればマイナスからプラスへの大転換ですから、リロケーションで賃貸に出すことは非常に大きなうま味になります。

「興味はあるけど、賃貸って面倒そうだな」と思ったら、あなたも一度リロケーションについて詳しく調べてみてはいかがでしょうか?